しつけるって大事

いつか大人になって巣立って行く子ども達。

今は一緒に暮らして世話を焼いてあげられるけど、ずっと守ってあげることはできません。

f:id:gensan818512:20210312142620j:plain

結婚してもしなくても、最低限身の回りの事は出来るようにしておいてあげないと...

親なら誰でも考える事なんでしょうね。だから口うるさくなる。親の心子知らずって、こういう事なんだと気付きました。


ここまでいい感じの事を書いてきましたが、私、自分の子どもに全然しつけとか出来ていません。

朝は起こしに行くし、着る服は並べて出しておくし。帰宅後は脱いだ服も床に散乱しています。ランドセルも転がっている。夜は母が明日の時間割も揃えてあげるよ。鉛筆も削っておくよ。


...ヤバイ。身の回りの事一つも出来るようになってない!

中1長男は大丈夫です。そこそこ出来ます。


真ん中の小学生3人組がね。酷い。

言い訳させていただくとすれば、育児に忙しくしつける時間が無かった。出来ない子どもに言い聞かせて出来るようにするより、母がやってあげた方が圧倒的に早いんです。


駄目ですね。世の親御さん達に怒られます。


独立するまでに自分である程度の掃除洗濯炊事が出来る事が目標です。

まずは学校から帰って脱いだ制服をハンガーにかける。ランドセルの中身を出して片付ける。

小学校入学直後に教えておかないといけなかった事をもうすぐ5年生になる次男にレクチャー。

疲れますが全面的に私の責任なのでね...

まだ言い始めて三日程しか経っていません。忍耐力が必要です。


長男には最近、誰かと一緒に生活する上でのマナーを少しずつ教えています。

例えば「ご飯できたよ」と言ってもしばらくスマホを触って動かない時。

麦茶の入れものがほとんど空っぽなのに冷蔵庫に戻した時。

それはいかん、と。

もし結婚するとしたら末長く幸せに暮らして欲しいですからね。


かなり時期が遅くなってなってしまいましたが、このタイミングで小学生のしつけを強化していこうと思います。


押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村